法話

テレビで、お葬式やお通夜の法話に感動しましたか?というアンケートに、感動したと答えた人は、なんと1%未満だったそうです。これは僧侶として深く受け止め、考えなければならない問題です。回りの人達からも、また同じ話か、難しい言葉を並べているだけでよく分からない等々と聞かされます。私の経験から感心の無い人は、顔を見てくれません。感心の有る人達は、顔を見て目を輝かせてうなずいてくれます。深刻に受け止めて、恥ずかしながら、話べたの愚僧。少しでも上手くなるように、日々精進努力を怠れませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です