昔の人の信仰心には頭が下がります。

佐渡では記録にお寺が約五百五十、また神社は半数の2百五十、集落ごとにお堂がある信仰心の厚い島でした。つらい生活の中で、お堂に集まって真言や念仏を、お唱えするのが楽しみだったんですね。他には世阿弥が佐渡に流刑になった事もあり約35の能舞台も有ります。地元の人達が守り続けて、今でも薪能がさかんです。信仰や文化を愛する島人の心意気が素晴らしいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です